楽天モバイルの注目ポイントと口コミ・評判をチェック!

楽天モバイルの月額プランと解約

楽天モバイルが現在ラインナップしている料金プラン等について紹介します。今のスマホ代の月々の料金と比べてみると、月々の携帯料金がどの位安くなるか期待しながらお読み下されば幸いです。さて、まずは、楽天モバイルの契約時費用と基本使用料金から見ていきましょう。

楽天モバイルの料金プラン・初期費用

楽天モバイルの月額プランは、格安SIMカードには、データ通信専用のSIMと音声通話付きのSIMの二つに分かれており、それぞれ料金も違います。データ通信専用SIMと違い、音声通話付きSIMは、070/080/090番号を使用することができます。データ通信だけでなく普通の携帯として「声」での「通話」がしたいときには、音声通話専用のSIMを選ばなければいけませんので注意が必要です。音声通話SIMの月額プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ専用SIMの料金プランは、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円となっています。

ベーシックプランとは、 通信速度が200Kbpsと低速ですが使い放題のプランで、その他のプランは、DocomoのLTEとよばれている225Mbpsの高速回線が利用できるプランになっています。端末代は別ですが、初期費用は一律3240円のみとなっています。

楽天モバイルの解約手数料について

楽天モバイルの最低利用期間について、説明していきます。データSIMについては、最低の利用期間の設定はありません。解約したいと思った時点で、違約金なくすぐに解約できます。音声通話用SIMをお使いの場合は、さすがにそういうわけにもいかず、少なくとも12ヶ月間は契約を続けることが前提になっています。万が一、1年以内に解約するとなると、9,800円の違約金がかかりますので、ご注意ください。大手キャリアですと、自ら申し出ないと縛り期間が自動で更新されてしまいますが、契約してから13ヶ月過ぎても縛り期間が更新されないので、いつでも解約手数料がかからないのが魅力的です。

楽天モバイルの特色まとめ

楽天モバイルはMVNOの一つで、今注目を浴びている格安スマホが利用できますauなどの大手キャリアから、楽天モバイルに乗り換えた場合、月額使用料を大幅に低くすることも可能です。月々1,250円で利用できる格安SIMが話題の楽天モバイル。回線はドコモで使用しているものを使っているため、通話のクオリティや電波の範囲などはdocomoと同じです。楽天モバイルを契約されている間は、楽天市場でのショッピングに対して2倍のポイントが貯められる特典もございます。さて、いきましょう!楽天モバイルの速度や解約・店舗情報など、楽天モバイルのすべてを網羅しました。楽天モバイルのメリット・デメリット踏まえ、ご紹介していきます。

docomoエリア対応の激安なスマホ

楽天モバイルはドコモの回線を使用しています。同じ回線なので通話品質はdocomoと変わりませんし、エリアも広くてつながりやすく、そのうえ高速通信となっています。これまで使用していたNTTドコモのスマホであれば、楽天モバイルでもそのまま使うことができます。楽天モバイルと契約する際にスマホの機種を変更したい場合は、新たにセット販売されている端末を購入することもできます。もし、ドコモのスマホを現在使用中であれば、楽天モバイルではSIMカードだけを契約して使うことが出来、わざわざ高いスマホを買う必要がなく、お財布に優しいのが利点です。要するに、安心感のあるドコモ回線のスマホがお得な料金で使えるようになるサービスが楽天モバイルなのです。

SIMフリースマホの種類が豊富なラインナップ

楽天モバイルにしようと思っている人で、今使っているスマホが楽天モバイルでは使えない機種だった時は、スマホ本体の購入も必要になります。楽天モバイルのセット販売端末は、しかも他のMVNOと比べて豊富なラインナップの中から機種を選択できるのが特徴です。もちろん、スマホだけではなくタブレットの種類も豊富なので購入する側はじっくり選ぶことが出来ます。唯一の弱点を挙げるとすれば、購入代金の分割払いは、楽天カードでのみ可能な点です。楽天カードを持っていないなら、スマホ代金は分割ではなく、一括払いする必要があります。しかしそれでも機種の選択肢では、他の追随を許さないため、とても魅力的です。

容量の翌月繰越対応!

利用プランによって使える容量は異なりますが、実際にはあまり利用せず、データ使用量が残ってしまうという時もあると思います。楽天でんわを使用の場合であれば、次の月に残ったデータ容量を持越して利用うることができるのです。使いきれずに余った通信量を翌月に使えるサービスを行っていないMVNOもあるので、繰り越しができるという点も、楽天モバイルの大きなメリットです。データ通信量も無駄なく使うのがベストですから、翌月繰越しは嬉しいサービスですね。

通話代が半額!楽天電話

楽天が提供する「楽天でんは」では、通話料が50%OFFになる魅力的なサービスです。よくあるIP電話とは異なり、「 プレフィックス型通話」と呼ばれるサービスで、IP電話とは違い発信時にこちらの電話番号をきちんと伝えられるサービスです。当然といえば当然ですが、通知される番号は普段お使いのものです。電話を受ける側には、「楽天でんわ」で発信したか、普通の電話で発信したか区別がつきません。IP電話はほとんどの場合、番号通知が非通知とか050番号になってしまうので、電話を受け取った側からすると、掛けてきた相手が分かりづらくて何かと困るものですが、「楽天でんわ」はその点で安心です。楽天でんわで電話をかけた場合の通話料についても、楽天ポイントに加算されますので、さらにお得ですね。電話カケ放題のオプションも始まりました。

5分かけ放題とは?

docomoやau、ソフトバンクには、いくらかけても同一料金というプランがありますが、 MVNO(いわゆる格安スマホや、格安SIMを提供している通信会社)では、かけ放題プランはまだほとんどありません。利用料金の安さが売りのMVNOの格安スマホであっても、通話する回数が多いので心配だという方でも安心なサービスがあるのです。月額850円で通話し放題のオプションが楽天モバイルから新たに登場しました。ただし、1回の通話が5分以内というものです。しかし回数制限はありません。IP電話と違い、電話回線を使った「5分かけ放題オプション」は、通話相手に発信元の電話番号を通知できるのは楽天電話と変わりませんし 、5分かけ放題オプションを利用しているからといって特別な変更をする必要が無いのが嬉しいところです。NifMoにもかけ放題オプションがありますが、相手方に非通知で来ることがそこそこあるみたいです。楽天でんわの通話料は1分あたり21.6円となっているので、月に1時間以上通話している方にとってはお薦めのサービスですね。

最初のひと月は無料は嬉しい

楽天モバイルはSIMの契約をすると、ひと月目の使用料は不要となります。無料になる最初の一か月とはSIMカード届いた日の月のことです。ですので、月初に届くとほぼ1ヶ月分がタダになるということです。ただし、今、使っているスマホの更新月によっては、解約手数料の支払いが発生する場合があるので、そこは月初だからお得とは言い切れない場合もあるので、乗り換えの前に一度確認した方がいいでしょう。乗り換えのタイミングは慎重に!

速度について

楽天モバイルの通信回線は、0通信速度に関しては、ドコモの回線を利用しているのであれば、通信速度もつながりやすさも安心ですよね。ドコモのスマホと全く同じ回線が格安で利用出来るのは、楽天モバイルにも魅力を感じるのではないでしょうか。これから先、MVNOや格安スマホのサービスが今以上に広がり、益々期待できるモノとなっていくと思います。

楽天モバイルの3日間制限

キャリアもMVNOもそうですが、ユーザーが平等に使えるように、通信データを使いすぎるユーザーには、通信速度の制限を設けております。これは、三日前から今日までの通信利用したデータ容量から計算し、定められたデータ容量を超えた人に対して、速度制限がかけられます。直近で72時間、通信量が定められた値に達していなければ、その時点で解除されます。こちらからの手続きは特に不要です。特別に何かをしていない限り、一般的な使用をしていれば制限にかかる事がないと思います。各プランの規定容量 3.1GBプラン:540MB/3日 5GBプラン:1GB/3日 10GBプラン:1.7GB/3日

【開催中のキャンペーン情報】

UQmobileの注目ポイントと口コミ・評判をチェック!

UQモバイル月額プラン

ここではUQモバイルの料金・通信スピードなどを紹介すると共に、そのメリットを解説していきたいと思います。今使ってる携帯料金と比べながら、いったいどれだけ安くなるんだろうかってことを、参考にしてみてください。これから、月額プランの詳細を見てみましょう。

UQモバイルの料金・初期費用

UQモバイルのプランは、SIMにはデータ通信用と音声通話ができるものの2種類があります。音声通話機能付きSIMだと090や070、080といった携帯で使っている番号が使えるので、070/080/090から始まる携帯電話と同等の機能をご希望の場合は、データ専用のSIMではなく、音声通話ができるSIMを選ばなければなりません。音声SIMの月額プランは、データ無制限+音声通話SIMプランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円です。

データ専用SIMの料金プランは、データ無制限プランで1,980円、データ高速3GBプランで980円です。

UQmobileの契約縛り

UQmobileの最低利用期間について、ご紹介していきます。データSIMについては、決まった利用期間はありません。極端な話、初月で解約しても違約金は掛かりません。かたや通話SIMは、12ヶ月間が最低利用期間となっています。最低利用期間が経過する前に通話SIMを解約するのであれば、解約手数料9,500円がかかってしまいます。他の大手キャリアには無い嬉しいサービスとして、縛り期間が自動更新されないので、13ヶ月経過すれば、無料解約月まで待つ必要がないのは便利です。

UQモバイルのインターネット速度に関して

世の中には数多くのMVNOが存在しますが、UQモバイルは、実効速度が速く安定していることで評判が良いです。格安SIMアワード2015の受賞結果を見ても分かるように、UQモバイルは通信速度部門で1位を受賞しています。快適で速い通信を最優先したい人に、UQモバイルは外せない選択肢であるといえます。MVNOや格安スマホの発展はこれからが面白くなっていきそうです。

UQモバイルにおける速度制御について

UQモバイルは、誰もが同じように使用できるよう、一定の量以上のデータ通信を行った利用者は使いすぎとみなされ、通信速度を規制する仕組みがとられています。直前の3日間に通信したデータの容量に基づき、上限として設定された容量を超えた利用者に対して 、今までより遅い低速通信がはじまります。この三日間の通信量がが定められた値を越えなければ、速度制限はなくなります。この規定量は一般的な利用であれば、超えることはあまりまりません。UQモバイルの場合、契約プランごとの規定値は決められておらず、各プラン共通で直近72時間で1GBが規定値に設定されています。

UQモバイルの口コミ

UQモバイルといえばコレ、それはやはり通信速度が他社に比べて速いということです。それは利用者からも認められ、料金プランの種類が少なく、幾らか月額の料金は高くなり、一見他社よりも良くなく見えますが、それでも通信速度の速さなどを考えれば、悪い点があったとしてもかなり魅力的なものなのです。格安スマホを選ぶ時には、候補の一つに挙げられるでしょう。

非常に満足度の高い高速通信の実効速度

UQモバイルに関する一番良い点と言われれば、圧倒的に早い通信速度です。私がこれまで利用してきた複数のMVNOと比べても、とても通信速度が早いです。なおかつ安定しているので、UQモバイルの使用頻度が1番高いです。通信回線はスピード重視という方に、「MVNOの中で高速通信という面で一番おススメなのは?」と聞かれたら、私はUQモバイルをお勧めします。ただし料金的には、他の会社より数百円ほど割高ではありますが、ストレスフリーの高速通信を実現してくれるUQモバイルの方が魅力的ですよね。

UQ格安スマホの特徴まとめ

UQモバイルは、UQコミュニケーションズの格安スマホサービスで、AU回線を利用したMVNOの一つです。格安スマホをうたっているだけあり、大手キャリアからMVNOに移行すれば、毎月の利用料金がグーンとお安くなることが期待できるでしょう。現在話題となっているのが、月々1680円で利用できるSIMサービスです。安くできるのは、UQモバイルが既存のAUの回線を使用しているからということもありますが、電波の入る範囲や通話の品質などAUと同じなのです。UQモバイルの無料通話が付いた料金プランも見逃せないです。さてさて、UQモバイルの料金プランからサポート・店舗情報まで、まとめましたので、少しお付き合い頂ければと思います。

AU回線網の格安SIMサービス

モバイルルーターの老舗UQコミュニケーションズのUQモバイルでは、AU回線を使用しています。当然ながら、通話品質もAUと全く一緒ですし、つながるエリアのサービスの広さにおいては信用が高いのです。AUのスマホなら、大半の機種が、UQモバイルでそのまま使えます。UQモバイルで販売されているSIMフリースマホをセットで購入するのも、もちろんOKです。AUのスマホが手元にあるなら、UQモバイルでSIMカードだけを契約すれば、今までどおり使えますし、また高い本体代を支払って、スマホを購入しなくても良いというのは嬉しいですね。UQモバイルを一言でまとめると、AU回線を安い価格で使える格安スマホ・格安SIMということになります。

高品質通話VoLTE対応プランがある!

UQモバイルには、VoLTE対応プランがあることで話題です。VoLTEとは何かと言うと、今までの通話音質よりも、さらに良くなった、通話方式の名称としては新しいものです。従来の方式では、300Hz~3.4kHzの音声しか拾うことが出来ませんでした。VoLTEの周波数帯域は50Hz~7kHz。今までカットされてしまっていた低音部、高音部を幅広くカバーしています。従来のものより圧倒的に、高音質で通話が可能になったのです。これがUQモバイルの魅力でもある、VoLTEというものです。

データ量繰越しができる!

UQモバイルの場合では、それに加えて使い切れなかった分のデータ量については、次の月へと繰り越せるようになっているため、毎月のデーター使用料が異なる方でも、追加の出費の心配をすることなく使えるという点が、ポイント高いところですね。UQモバイルには、ターボ機能というものもあり、このターボ機能で切り替えることによって、通信速度を早くしたり遅くしたりできるのです。この機能によりデータ消費量を抑えることができてとても便利です。

【現在開催しているキャンペーン】

Umobileの注目ポイントと口コミ・評判をチェック!

Umobile口コミについて

Umobileの良いところは、LTE使い放題プランにあると言えます。大手キャリアであるドコモの高速LTE回線が、使い放題なのは他社ではほとんどないので珍しいです。仕事で通信量が多い、プライベートでもっと使いたいなどといった方は、このプランを利用することで月々のスマホ料金を大幅に抑える事が出来る可能性があります。

通話SIMなら、U-NEXTポイントが毎月!

コンテンツ量が多く人気の動画配信サービスのU-NEXTで利用可能なU-NEXTポイントを毎月ゲットすることができます。LTE使い放題2プランだけ毎月400ポイントの還元ですが、他のプランは毎月600ポイント還元されます。U-NEXTで配信されている動画は、1本およそ300円なので、毎月2本程度の動画を実質無料で見ることができます。映画や国内・海外ドラマ・アニメ・大人向け作品まで幅広い作品がありますので、どの年代の方でも楽しむことができます。1ヶ月の契約料金が3,000円以下になり、しかも400~600ポイント付与されるのは、かなり有難いポイントバックサービスです。

U-NEXTの格安スマホの月額料金と解約

Umobileの料金体系や通信速度について説明します。現在お使いのスマートフォンの毎月のお支払額と比べて、Umobileでどれだけスマホ代を安くできるか
、ぜひ読んでみてください。どれだけ安いのか、Umobileの料金プランを見ていきましょう。

Umobileの料金プラン

Umobileの料金プランに関しては、格安なデータ通信専用SIMと音声通話付きSIMと二種類の料金体系となっております。音声通話SIMは、070/080/090番号が使えるものになっていて、今までと同じような携帯電話として使う為には、音声通話用のSIMカードを選ぶ必要があるので、それを注意してください。音声SIMの月額プランは、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円です。

データ専用SIMの料金は、1GBプラン:790円、5GBプラン:1,480円、LTE使い放題プラン:2,480円です。

音声通話SIMのLTE使い放題2プランは契約から12ヶ月以内に解約すると、違約金の支払いが必要となりますが、その代わりに毎月の料金がLTE使い放題プランと比べると、250円格安になるプラン内容です。

Umobileの解約縛りについて

Umobileの解約制限に関して、ご紹介していきます。Umobileの場合、データSIMに関しては、最低利用期間の決まりはありません。お勧めするものではりませんが、例えば最初の一ヶ月のみ使ってすぐ解約しても、手数料に類するものは一切取られないわけです。しかし、通話SIMの場合は、6ヶ月間が最低利用期間となっています。半年以内に解約したい時には、6,000円も、解約するのに手数料がかかってしまいます。大手キャリアと違う点は、違約金のかかる期間の更新がされないと言う点で、7ヶ月経てば、いつ解約してしまっても違約金が発生しないことはメリットですね。

「LTE使い放題2」プランの違約金

UmobileのLTE使い放題2プランは少々特殊で、12か月の解約制限がある点が、他の契約プラント異なります。契約後、6か月以内に契約を解除するのであれば、違約金として9,500円をお支払いただきます。ご利用開始月から7ヶ月~12ヶ月以内の解約には、3,500円が必要です。11ヶ月以内にプランを変更する場合にも、プラン変更の手数料として3,500円が掛かります。このように、他プランと少し異なる点は事前に頭に入れておいてください。月額料金を割引にしている分、1年以内の契約変更手数料は高めですが、違約金が発生しない1年以上、利用される方にとっては、通信料を気にせず格安のLTE使い放題2プランは相当のお勧めプランです。”

Umobileって?

スマホやSIMにかかわる諸費用を大きく節約できるMVNOには多くの企業が参入していますが、その1つであるUmobileは、
あの動画サイトU-NEXTによって運営されています。株式会社U-NEXTは2015年から東証一部に上場しているので、上場した企業ならではの安定感があるほか、ベンチャー企業ですが、一挙に人気MVNOの仲間入りを果たしています。また、格安スマホとしては珍しく、LTEの高速通信が無制限のプランがあるのも特色です。通信制限を気にせずLTEを利用したい方にはUmobileが良いと思います。早速ですが、Umobileの速度や口コミをまとめてご紹介していきます。お見逃しなく!

docomoの基地局を使ったお得なスマホ

U-NEXTの格安スマホサービス「Umobile」は国内最大手のdocomoの通信回線網を利用してそのサービスを提供しています。当然ながら、通話品質もdocomoと全く一緒ですし、サービスの範囲も広く、回線も安定しております。これまでのNTTドコモのスマホをまだまだ使いたいという方にも朗報ですが、大半の機種はそのまま使えます。
また、端末はdocomoから買わなくてはならない訳ではなく、UmobileからSIMフリースマホセットで購入することもできます。Umobile対応のdocomoのスマホを持っていたらSIMカードの契約だけでいいので、スマホ本体代の分が浮き、安く購入できます。Umobileは、ドコモの回線という安心感を得ながら、格安の料金で利用できる素晴らしいサービスです。

LTEが無制限!

Umobileの「LTE使い放題」プランは格安スマホで高速無制限の通信を楽しめることから注目を集めており、MVNO事業者のほとんどは、LTE無制限のプランがないため、そこがUmobileのセールスポイントの1つです。LTEの高速回線を、容量の上限を気にせずに利用したい方にとって、無制限で回線を利用できる魅力的なプランに仕上がっています。また、料金も、LTE使い放題でありながら、2,730円という低価格に設定されています。これは、大手のサービスにおいてもピカイチの価格設定で、その優秀さには目を見張るものがあります。月々の通信量が多いユーザーさんには、非常に嬉しい料金設定ですね。高速な通信を無制限で使いたいユーザーには、ぜひともお勧めしたいのがUmobileの格安スマホです。プランの詳細は、公式サイトで確認できるため、ぜひご確認よろしくお願い致します。

MNP即日ができる!

Umobileをお勧めするポイントは即日MNPに対応しているところです。Umobileは、MNP届け出方式という、従来とは変わった方法を採っており、インターネットでお申し込みをするだけで、携帯電話が使えなくなる期間が発生せずにMNPの手続きを完了することができます。これまで、即日NMPを利用したい場合限られた店舗に出向く必要がありましたが、ご自宅で手続きが出来て即日MNPが使用できます。MNPでも不通期間があったりで、格安スマホへ乗り換えを考えていた方でも、気軽にMNP出来ます。その際の手続きですが、まずはSIMカードが郵送されます。それが手元に到着した後に、Uモバイルのマイページにログインをし、回線切替というボタンを押下する事により、手続きは完了となります。これによりMVNO転入時のMNP空白期間が解消され、格安スマホをより一層普及させることになりそうです。”

Umobileの通信スピードに関して

たくさんあるMVNOのうち、Umobileは、docomoの225MbpsのLTE回線を使用したサービスです。回線速度や対応エリアがそのサービスの魅力の一つとなっています。

Umobileでの通信制限について

どこのMVNOを利用しても一緒ですが、契約者が同じ条件で利用できるよう、データ通信量が多すぎる利用者には、速度制限を適応しています。通信制限がかかるごく最近の3日間のデータの合計に応じて、予め決めれた容量を超えてしまったユーザーにたいして、速度制限が実施されます。直近で72時間、通信量が定められた値に達していなければ、その時点で解除されます。こちらからの手続きは特に不要です。通常使用の範囲を超えない限りは、速度制限にかかる心配は必要ありません。速度制限の対象とする3日間の規定容量は記載されていませんでした。

【開催中のキャンペーン】

mineoの注目ポイントと口コミ・評判をチェック!

mineo月額料金と解約について

mineoの料金設定、繋がりやすさのご説明です。今、月々かかっているスマホの料金から、どれくらい携帯料金を抑えることが可能になるのか、確認してみてください。では、mineoの料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

mineoの月額プランと初期費用

mineoの料金プランは、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMでは、料金が違います。音声機能付きSIMを選択しないと070/080/090番号が使えないので、通常通りの携帯電話として使う際には、データ送信のみのSIMではなく、データ送信も通話も出来るSIMを選択してください。音声SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データ専用SIMの月額費用は、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円:す。

mineoの最低利用期間について

最低利用期間に関して、解説していきます。mineoは最低利用期間を設けておらず、解約にも違約金がかからないので、解約した時のお金が一切かかりません。この様なサービスがあると、金銭的にも格安SIMを試し易くなるので、格安スマホデビューを考えてる方にはとても、おすすめです。ですが契約後1年以内のMNP転出に関しては、12420円の手数料が掛かります。音声通話SIMを利用する場合はこのような制限が設けられるので注意して下さい。

mineoの特徴まとめ

mineoはMVNOの一つで、格安SIM・格安スマホを取り扱っています。docomo・au・ソフトバンクなどのキャリアから乗り換えると、月々のスマホ使用料金が安くなりとてもお得な格安スマホです。月々1310円で利用可能な格安SIM格安スマホサービスがあるのは、mineoです。全国で初めてのマルチキャリアMVNOであるmineoは、docomo回線を使うプランとAU回線を使うプランを提供していることで知られます。docomoやAUと同じ通話エリアで利用でき高い通信速度が保たれている点では、信頼性がありますね。さて、それでは、早速、mineoの料金プランから、キャンペーン情報まで網羅しましたので、mineoのメリット・デメリット踏まえ、ご紹介していきます。

docomoとdocomo・AUネットワークを使った激安なスマホ

mineoは、docomoの回線プランとAUの回線プランの2つで格安なスマホサービスを提供するマルチキャリアMVNOです。キャリアと同じくらいの高音質で通話も今まで通り行っていただけますし、電波のネットワークエリアも全く一緒です。docomoやAUで購入したスマホをSIMを入れ替えるだけでそのまま使用することができるので、新たに端末を購入する必要もありません。新しくスマホを買わなくても、乗り換えができるので、節約家には好ましい選択しと言えます。mineoがセット販売しているSIMフリー端末を購入して、それを利用することも勿論できます。信頼度の高いキャリア回線を低料金で使用できますし、プランもドコモ回線、au回線を選択することができます。ドコモとauでは毎月の使用料が若干異なりますので、そのあたりも比べて検討してみてください。

VoLTE(ボルテ)対応プランがある!

mineoはVoLTE対応プランをいち早く用意したことが話題です。このVoLTEというものは、以前の通話音声よりも格段に音質が改善された、新しい通話のシステムの名前です。今までは、300Hz~3.4kHzの音声のみしか対応できませんでした。しかしVoLTEでは50Hz~7kHzまで拾うことができるようになり、より自然に近い状態で聞き取れるようになりました。これは、今までの通話と比較すると、かなりクリアな音質で話せるようになったということです。これはmineo最大の利点の一つです。

データ容量くりこしに対応している

mineoの特徴として、モバイルデータ通信容量のくりこしに対応しており、月々のデータ通信量が一定でない方でも、気にせず使えるので、とてもいいですね。

mineoスイッチを活用して通信量を節約!

また、mineoには、mineoスイッチというものがあり、通信速度の高速・低速を選ぶことができます。データ量のムダな消費を節約出来る便利な機能です。このmineoのスイッチとWi-Fiとを状況に応じて使い分けることで、より安価なデータ量プランでの通信が可能になります。スマホ代をなるべく安く済ませたいのならば、mineoはとても使えるMVNOです。

mineoの回線速度

mineoのスピードについてお伝えします。docomo回線利用でのDプランの場合は、LTE回線で225Mbps、auプランでも、au 4G LTEに相当する最大225Mbps回線となっています。回線が混んでいる時は速度が落ちるということがよく言われていますが、キャリア契約の回線のような高速通信は出来ません。混雑時間だから遅くてもしょうがないって、諦めてしまいたくはないですよね。そういう人には、大手キャリアと提携しているプランで契約するのが一番のおススメです。月々の携帯料金が安いので、全体的に高いコスパと満足度が得られることは間違いないでしょう。

mineo AU回線プランの3日間制限について

どのMVNOにおいても一緒ですが、どのユーザーも同じように通信できる環境を確保するため、データの通信が多すぎるユーザーがいる場合は、そのユーザーは通信速度を制限する措置の対象になります。直前の3日間に通信したデータの容量に基づき、決められた容量を超過したユーザーに対して、通信速度を制限しています。3日間で規定容量を超えなければ、速度制限が自動的に解除となります。よほど集中して熱心に使わないかぎり、この制限をうけることはほとんどないかと思います。契約プランごとの規定容量は設定されておらず、Aプランは、全プラン共通で1GB/3日が規定値になっています。

mineo docomo回線プランでの帯域制限0

mineoでdocomo回線を利用したプランは、直近の3日間をベースに算出するデータ制限はありません。動画やゲームをしたりしなかったりで、日々のデータ通信量が一定でなく大幅に変動する方は、直近3日間の通信量により規制がかかるauプラン(Aプラン)よりもドコモプラン(Dプラン)の方が、3日制限を気にせず、使用できるでしょう。そのあたりを含めて、どちらが自分に合っているか検討しましょう。

【期限間近のキャンペーン】

IIJmioの注目ポイントと口コミ・評判をチェック!

IIJmio評価まとめ

有名なIIJmioの最大の魅力は、顧客満足度が高いサポートの充実さと、技術の蓄積がある古参MVNO企業である事でしょう。株式会社イード社が行っている格安SIMアワードにおいて、2015年度の総合満足度で最優秀を授与されたことからも、IIJmioのユーザー満足度の高さがわかります。IIJmioはアフターサービスを受ける際、インターネットだけでなく電話での問い合わせにも対応しているので、初めて利用する方でも、格安スマホデビューをオススメできます。

通信速度が速く、サポートも手厚いのが、人気の理由

IIJmioの口コミや評判を調べていると、速く確実につながる安定性と電話での対応も受け付けてくれる手厚いサポート体制が、その評価を高めている要因のようです。イードが主催する格安SIMアワードにおいて総合満足度で最優秀賞を獲得しているのです。IIJmioは今から使用する上では、最も有力なMVNOでしょう。また、数ある格安スマホの中でも高い信頼性とブランド力がありますよね。口コミでも非常に高評価を得ている格安スマホなので、格安SIMへの変更をご検討中の方には、選んで損をすることはないといえるでしょう。

IIJmio料金プランと解約

IIJmioの使用を検討するために、料金形態や通信速度について紹介しましょう。月々の携帯代と見比べながら、IIJmioならどれぐらい節約できるでしょうか。計算しながらご確認ください。ということで、料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

みおふぉんの料金・初期費用

みおふぉんの料金プランに関しては、SIMはデータ通信用と音声通話用の2種に分かれています。音声通話SIMでは070/080/090番号を使って通話可能ですので、通常通り携帯電話を使用したい場合には、音声用のSIMを使わなければいけないので気をつけましょう。音声通話SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円です。

データ通信専用SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB):900円、ライトスタートプラン(5GB):1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB):2,560円となっています。

みおふぉんの解約手数料

みおふぉんの解約制限と解約違約金に関して、まとめましたので、ご紹介します。IIJmioのデータSIMには最低利用期間がありません。お勧めするものではりませんが、例えば最初の一ヶ月のみ使ってすぐ解約しても、手数料に類するものは一切取られないわけです。その一方で、通話SIMについては最低12ヵ月は利用することが契約条件となっています。もしも最低利用期間の12か月以内に解約してしまうと、手数料として9,000円を徴収されることになります。キャリア会社のように利用期間毎に自動更新されないので、13か月以上利用なされた場合は、その後いつ解約しても違約金は発生しないので安心してご利用することができます。

IIJmioスマホとは?

株式会社インターネットイニシアティブの提供する格安SIMと格安スマホ「みおふぉん」について、ご紹介していきます。株式会社インターネットイニシアティブは、どこの企業よりも早く、格安SIMサービスをてがけており、MVNOサービスが開始された当初から使用していた方であれば、IIJmioの名称で知られるサービスを知らないという人はほどんといないでしょう。2015年の格安SIMアワード顧客満足度調査において、総合部門最優秀賞を受賞しました。ブランドイメージや充実した利用者へのサポートが、多くの利用者の支持を得ました。まだ、MVNO?格安スマホ?という方もいると思いますので、IIJmioの料金プランからサポート・店舗情報まで、まとめましたので、節約出来た携帯代で何を買おうかしら…。笑

docomoネットワークを使った格安SIM

格安SIMの古参企業として、おなじみの株式会社インターネットイニシアティブの格安スマホサービス「IIJmio」はNTTdocomoの回線を使ってサービスを提供しています。docomoの回線を利用しているので品質レベルはdocomoと同じで、サービスのエリアも広範囲なので問題なく利用出来ます。また、現在docomoのスマホを使用していれば、そのままIIJmioで使用することも可能です。IIJmioが取扱いをしている、SIMフリースマホをセットで購入していただくことも可能です。また、docomoのスマホを引き続きご利用いただく場合には、SIMカードのみの契約でOKですので、けっこう高価なスマホ本体の分が浮き、初期費用を抑えられるのもありがたいですね。そんなIIJmioをざっくり一言でいってしまうと、高品質な通話品質、広いサービスエリアを持つdocomoと同じサービスを格安で受けられる非常にお得な格安スマホ、格安SIMなのだといえるでしょう。

初速バーストで低速時もより快適な通信

IIJmioには、他社にはないバースト機能という使って便利な機能があります。このバースト機能とは何かをご説明いたします。バースト機能とは、ユーザーが低速通信を行っているときに、始めの1,2秒程度だけ高速通信に切り替え、ページが画面に現れる速さ上げる機能のことです。このおかげで、低速通信になっても表示されるのが高速になるので、表示されずイライラするということも和らぎ、サクサクとネットを楽しめるようになります。なんとも素敵な機能で、とても人気があります。残念ながら、このバースト機能は、IIJmioとIIJmioにしか無いようです。

余ったデータ量の繰り越しに対応

契約プランごとに使えるデータの容量が変わりますが、あまり使用せず、データ通信量が残ってしまう月もあるのではないでしょうか。こんなとき、IIJmioなら、データ容量の繰り越しをすることが可能なのです。MVNOによっては、データ通信量の翌月繰越に対応していないこともありますが、ユーザーに喜ばれるサービスをどしどし導入するIIJmioの魅力が、いっそう光ります。格安スマホといえど、月々のデータ通信量も無駄なく使いたいものですよね。

2世帯で使える!10枚までOK!

IIJmioのSIMを追加して家族みんなで容量を分け合えるサービスなら、なんと最大で10枚までSIMカードを追加することができます。ですので、家族や親戚と一緒に乗り換えれば、今、月々払っている料金から相当の金額が節約できることになります。1つの家族を携帯料金に置き換えてみると、とてつもない節約をできるでしょう。ファミリーシェアプランの改定を機に、家計にかかる通信費の見直しに挑戦してみてはどうでしょうか?サポート体制がしっかりしているIIJmioであれば、安心して格安スマホを使うことが出来るでしょう。更に、子供用に、有害なサイトやアプリから守る「みまもりパック」オプションもあるので、キッズスマホとしても安心して利用することができます。

IIJmioの回線スピード

たくさんあるMVNOの中でも、IIJmioは、docomo 4GLTE回線で通信速度225Mbpsの高速通信を利用した格安スマホサービスです。そのサービスの回線速度や対応エリアに関しては定評があります。IIJmioの高速で安定している通信速度は、口コミサイトに書き込まれている内容を見ても、とてもいいことが書いてあることが多いので、なかなか評判がいいようです。「安い、なお且つ、速い」格安スマホをお探しの方には、IIJmioがぴったりです。

IIJmioにおける72時間制限

IIJmioは、直近3日間の通信量によって速度制限が掛かるのは、低速通信時だけです。しかし、高速通信を利用している場合には、いずれのデータ通信量であっても72時間制限の影響を受けることはありません。ユーザーが平等に使えるように、データの通信が多すぎるユーザーがいる場合は、そのユーザーは通信速度を制限する措置の対象になります。これは、ここ3日間のデータ使用量で計算され、予め決まっている量を越した方に対しては、通信速度制限が行われます。この制限を解除するための条件は、直前の3日間のデータ使用量が制限値を下回ることです。解除は自動で行われます。通常の使用量であればまず引っかかることはない制限にはなります。

【IIJmioのキャンペーン情報】

DMMモバイルの注目ポイントと口コミ・評判をチェック!

DMMモバイルの気になるポイント

今人気の格安SIIMスマホサービスを発売しているDMMモバイルは、動画サイトのDMM.comは、CMなどでご存じの方も多いと思います。DMMモバイルはスマホ業界 最安値を打ち出しており、他社との最大の比較できるところである。月々の使用料を抑えたいと思う方には、MVNOの中で一番おすすめです。さらに、通信速度の速さや安定感に定評があり、快適にインターネットを利用する事が出来ます。さてさて、DMMモバイルの評判から速度まで、まとめてみました。気を楽にして、読んで頂ければと思います。

docomo回線を使った格安スマホサービス!

業界最安値で親しまれている格安スマホのDMMモバイルは、NTTdocomoの回線を使ってモバイル通信サービスを提供しています。 そのため、従来のスマホと何ら変わることのない安定した通信品質が維持されていますし、サービスのエリアも広範囲なので問題なく利用出来ます。今までお使いのNTT docomoの端末であれば、DMMmobileでもそのまま使うことができます。そのため、DMMモバイルが提供するSIMフリーのスマホをセット購入することも可能なのです。もし、docomoのスマートフォンを既にお持ちであれば、SIMカードの契約だけで利用を開始することができるので、乗り換えに大きな費用をかける心配もなく、スムースに移行できるのも魅力でしょう。スマホにかけるお金は減らしつつ、それでもdocomoの回線で安心に便利にオトクに、それがDMMモバイルです。

iPhoneが分割可能!

iPhoneを分割払いで購入できるというのが、 DMMモバイルの持つストロングポイントのひとつです。DMMモバイル以外のMVNOでは、主に格安なSIMフリー端末を主力製品として販売しており、iPhoneのような上位機種はなかなか手に入れるのが難しいはずです。しかし、DMMモバイルなら最新のiPhoneも扱っていますので、iPhoneの分割購入が可能なMVNOを選びたいのであれば、DMMモバイルで購入するといいでしょう。iPhoneをMVNOで購入することを検討しているであれば、DMMモバイルなどは候補の1つになります。格安にiPhoneが利用できるだけあって品切れとなることが多いので、在庫があるのを見つけたら、すぐに申し込むことをおすすめします。

あまったデータ量の翌月繰り越し対応してます。

プランごとにデータ容量が違いますが、データの通信量はその時々で違うので、ひと月で全てを使い切れないこともあります。しかしDMMモバイルであれば、このような場合にも、余った分を翌月に繰り越すことが出来ます。MVNOによっては、翌月繰越しに対応していないものもあり、繰越し対応というのが、DMMモバイルも大きな魅力のひとつと言えます。出来るだけ損をしないような使い方をいたいと思う人が大半だと思うので、このサービスはとても魅力的です。

ネットで即日MNPOK

DMMモバイルは、即日MNPに対応している点が他者と比較しても魅力的な点となっています。MNP届け出方式という方式を、DMMモバイルは採用しているため、ネット上での手続きだけで、携帯端末が使えなくなるデメリットなしにMNP転入することが可能となりました。以前は、即日MNPをするためには実店舗に赴くことが不可欠でしたが、ご自宅や単身赴任先など、場所を選ばず、どこにいても即日MNPの手続きをすることが可能になっています。不通期間ができるのが足枷となって、MVNOの格安スマホへのMNPを敬遠していた方も、これなら安心して切り替えできますね。手続きの方法は非常に簡単で、SIMカードが手元に届いたらDMMモバイルマイページにアクセスして回線切替ボタンを押すだけです。今まで乗り換えは手間がとお考えの方もこの機会にご検討下さい。

ポイントバックでお得、DMM.comのポイントが毎月もらえる

条件は、DMMモバイルを契約しているということだけで、期間中は、契約期間中であればずっと、利用料金の10%分がDMMポイントという形で毎月ごとに戻ってくるという、嬉しいキャンペーンが現在開催中です月額料金プラス、通話料やオプションにも対象範囲となりますので、DMM.comで動画を視聴なさっているユーザー様には、更にお得なキャンペーンとなっています。業界最安値な月額料金なうえに、おまけに10%ものポイントが貰えるので、月額料金だと、とてもリーズナブルなMVNOだと言えます。携帯料金を節約したいならDMMモバイルをぜひご利用ください。

話題のバースト機能│快適な低速通信

DMMモバイルでは、バースト機能と呼ばれるものが存在しています。初めて「バースト転送」という言葉を聞いた方のために、簡単にご説明します。低速通信をしている時は、最初の数秒間のみ高速通信を行い、ページを表示するまでの時間を速くすることが可能になります。この機能により低速通信時においてもWEBページを表示する際のレスポンスが向上するため、表示が遅いという不便さが軽減されて、非常に快適なネット環境を実現できるという、非常に魅力的な機能となっています。しかし、バースト機能はDMMモバイル及びIIJmio限定の機能なのです。

DMMモバイル月額プラン

DMMモバイルを利用する際の料金体系と通信スピードに関してご案内します。現在契約中のスマホの料金と照らし合わせながら、月々の利用額がどれくらい安くなるのか、参考としながら見ていただければ幸いです。ということで、料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

DMMモバイルの月額プラン・初期費用

DMMモバイルのプランは、格安SIMには、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMの2種類があり、料金プランも異なります。音声通話もできるSIMでは、070/080/090の番号が利用できるので、従来のスマホと同じ使い方をしたいのであれば、音声用のSIMを使わなければいけないので気をつけましょう。音声SIMの月額プランは、ライトプランで1,140円、1GBプランで1,260円、2GBプランで1,470円、3GBプランで1,500円、5GBプランで1,970円、7GBプランで2,560円、8GBプランで2,840円、10GBプランで2,950円、15GBプランで5,270円、20GBプランで6,790円となっています。

データ通信専用SIMの料金プランは、ライトプランで440円、1GBプランで590円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで2,140円、10GBプランで2,190円、15GBプランで4,570円、20GBプランで6,090円です。

DMMモバイルの解約違約金

DMMモバイルの最低利用期間と解約違約金について、ご紹介していきます。データSIMのご利用の際には、利用期間は特に定められておりません。自分の都合によりいつでも解約することができます。解約手数料は無料です。ただし、通話SIMには12ヶ月の最低利用期間が設定されています。そのため何らかの理由で、12ヶ月経っていないのに解約を申込みますと、違約金が9,000円も発生してしまうのです。他の大手キャリアには無い嬉しいサービスとして、縛り期間が自動更新されないので、13ヶ月以上経てば、いつ解約しても違約金が掛からないのは嬉しいですね。

DMMモバイルの評価まとめ

DMMモバイルの魅力といえば、月額費用の安さと信頼性のおける高速通信、この二点に尽きます。月額利用料金の安さと安定した速度の両方をお望みの方にとって、一番いいMVNOってことになります。クチコミで評判の高いポイントとしても、月額料金と高速通信が消費者の皆様に評価されているからにほかなりません。

スピードが速いのが快適!

利用者がDMMモバイルについて意見を求められた時に多いのは、安定した通信と通信速度の速さについてです。利用料業界最安値水準で高速通信が安定していると言うことで、速度が速くて安いので、今、人気がうなぎ上りのMVNOだそうです。ついでにDMMポイントが10%もつくので、支払いも押さえられて回線速度も早いとなると、なんか文句の付けようが無いみたいです。これからますます広がっていく格安スマホ。その中でも今選ぶならDMMモバイルが最有力ですね。

DMMモバイルの回線速度

昨今、数多あるMVNOサービスにおいてDMMモバイルは、225Mbpsのdocomo4GLTE回線を利用した人気のサービスとなっています。docomoの回線を利用しているため対応エリアの広さ、回線速度には安心感があります。また、通信速度は常に高速で、実際に利用しているユーザーの口コミなどにおいては、好印象を持たられているのが事実です。通信スピードが速くてしかも料金がお手頃という格安スマホを探している人にとっては、DMMモバイル以外の選択肢はないといって差支え無いでしょう。

DMMモバイルにおける通信制御に関して

DMMモバイルの場合、低速通信を利用している時に、直近の三日間の通信量によっては、速度制限の対象となることがあります。高速通信を利用している場合は帯域制限の対象にはなりません。私どもと契約していただいた方が気持ちよく同じ通信環境でやりとりできるように、過度なデータ通信を使用したユーザーに対しては、速度制限をしています。これは、直近3日間(直近72時間)で使用したデータ通信が、あらかじめ決められた容量を超えたことが分かったユーザーは、通常より遅い通信速度での使用ならば可能な速度制限が適用されます。直近3日制限は、データ通信の使用量が規定の容量を下回れば、自動的に制限が解除されます。一般的な使い方をしていれば、速度制限が実施されることはほとんどないと思います。

【キャンペーン情報をチェック】