楽天モバイルの注目ポイントと口コミ・評判をチェック!

楽天モバイルの月額プランと解約

楽天モバイルが現在ラインナップしている料金プラン等について紹介します。今のスマホ代の月々の料金と比べてみると、月々の携帯料金がどの位安くなるか期待しながらお読み下されば幸いです。さて、まずは、楽天モバイルの契約時費用と基本使用料金から見ていきましょう。

楽天モバイルの料金プラン・初期費用

楽天モバイルの月額プランは、格安SIMカードには、データ通信専用のSIMと音声通話付きのSIMの二つに分かれており、それぞれ料金も違います。データ通信専用SIMと違い、音声通話付きSIMは、070/080/090番号を使用することができます。データ通信だけでなく普通の携帯として「声」での「通話」がしたいときには、音声通話専用のSIMを選ばなければいけませんので注意が必要です。音声通話SIMの月額プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ専用SIMの料金プランは、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円となっています。

ベーシックプランとは、 通信速度が200Kbpsと低速ですが使い放題のプランで、その他のプランは、DocomoのLTEとよばれている225Mbpsの高速回線が利用できるプランになっています。端末代は別ですが、初期費用は一律3240円のみとなっています。

楽天モバイルの解約手数料について

楽天モバイルの最低利用期間について、説明していきます。データSIMについては、最低の利用期間の設定はありません。解約したいと思った時点で、違約金なくすぐに解約できます。音声通話用SIMをお使いの場合は、さすがにそういうわけにもいかず、少なくとも12ヶ月間は契約を続けることが前提になっています。万が一、1年以内に解約するとなると、9,800円の違約金がかかりますので、ご注意ください。大手キャリアですと、自ら申し出ないと縛り期間が自動で更新されてしまいますが、契約してから13ヶ月過ぎても縛り期間が更新されないので、いつでも解約手数料がかからないのが魅力的です。

楽天モバイルの特色まとめ

楽天モバイルはMVNOの一つで、今注目を浴びている格安スマホが利用できますauなどの大手キャリアから、楽天モバイルに乗り換えた場合、月額使用料を大幅に低くすることも可能です。月々1,250円で利用できる格安SIMが話題の楽天モバイル。回線はドコモで使用しているものを使っているため、通話のクオリティや電波の範囲などはdocomoと同じです。楽天モバイルを契約されている間は、楽天市場でのショッピングに対して2倍のポイントが貯められる特典もございます。さて、いきましょう!楽天モバイルの速度や解約・店舗情報など、楽天モバイルのすべてを網羅しました。楽天モバイルのメリット・デメリット踏まえ、ご紹介していきます。

docomoエリア対応の激安なスマホ

楽天モバイルはドコモの回線を使用しています。同じ回線なので通話品質はdocomoと変わりませんし、エリアも広くてつながりやすく、そのうえ高速通信となっています。これまで使用していたNTTドコモのスマホであれば、楽天モバイルでもそのまま使うことができます。楽天モバイルと契約する際にスマホの機種を変更したい場合は、新たにセット販売されている端末を購入することもできます。もし、ドコモのスマホを現在使用中であれば、楽天モバイルではSIMカードだけを契約して使うことが出来、わざわざ高いスマホを買う必要がなく、お財布に優しいのが利点です。要するに、安心感のあるドコモ回線のスマホがお得な料金で使えるようになるサービスが楽天モバイルなのです。

SIMフリースマホの種類が豊富なラインナップ

楽天モバイルにしようと思っている人で、今使っているスマホが楽天モバイルでは使えない機種だった時は、スマホ本体の購入も必要になります。楽天モバイルのセット販売端末は、しかも他のMVNOと比べて豊富なラインナップの中から機種を選択できるのが特徴です。もちろん、スマホだけではなくタブレットの種類も豊富なので購入する側はじっくり選ぶことが出来ます。唯一の弱点を挙げるとすれば、購入代金の分割払いは、楽天カードでのみ可能な点です。楽天カードを持っていないなら、スマホ代金は分割ではなく、一括払いする必要があります。しかしそれでも機種の選択肢では、他の追随を許さないため、とても魅力的です。

容量の翌月繰越対応!

利用プランによって使える容量は異なりますが、実際にはあまり利用せず、データ使用量が残ってしまうという時もあると思います。楽天でんわを使用の場合であれば、次の月に残ったデータ容量を持越して利用うることができるのです。使いきれずに余った通信量を翌月に使えるサービスを行っていないMVNOもあるので、繰り越しができるという点も、楽天モバイルの大きなメリットです。データ通信量も無駄なく使うのがベストですから、翌月繰越しは嬉しいサービスですね。

通話代が半額!楽天電話

楽天が提供する「楽天でんは」では、通話料が50%OFFになる魅力的なサービスです。よくあるIP電話とは異なり、「 プレフィックス型通話」と呼ばれるサービスで、IP電話とは違い発信時にこちらの電話番号をきちんと伝えられるサービスです。当然といえば当然ですが、通知される番号は普段お使いのものです。電話を受ける側には、「楽天でんわ」で発信したか、普通の電話で発信したか区別がつきません。IP電話はほとんどの場合、番号通知が非通知とか050番号になってしまうので、電話を受け取った側からすると、掛けてきた相手が分かりづらくて何かと困るものですが、「楽天でんわ」はその点で安心です。楽天でんわで電話をかけた場合の通話料についても、楽天ポイントに加算されますので、さらにお得ですね。電話カケ放題のオプションも始まりました。

5分かけ放題とは?

docomoやau、ソフトバンクには、いくらかけても同一料金というプランがありますが、 MVNO(いわゆる格安スマホや、格安SIMを提供している通信会社)では、かけ放題プランはまだほとんどありません。利用料金の安さが売りのMVNOの格安スマホであっても、通話する回数が多いので心配だという方でも安心なサービスがあるのです。月額850円で通話し放題のオプションが楽天モバイルから新たに登場しました。ただし、1回の通話が5分以内というものです。しかし回数制限はありません。IP電話と違い、電話回線を使った「5分かけ放題オプション」は、通話相手に発信元の電話番号を通知できるのは楽天電話と変わりませんし 、5分かけ放題オプションを利用しているからといって特別な変更をする必要が無いのが嬉しいところです。NifMoにもかけ放題オプションがありますが、相手方に非通知で来ることがそこそこあるみたいです。楽天でんわの通話料は1分あたり21.6円となっているので、月に1時間以上通話している方にとってはお薦めのサービスですね。

最初のひと月は無料は嬉しい

楽天モバイルはSIMの契約をすると、ひと月目の使用料は不要となります。無料になる最初の一か月とはSIMカード届いた日の月のことです。ですので、月初に届くとほぼ1ヶ月分がタダになるということです。ただし、今、使っているスマホの更新月によっては、解約手数料の支払いが発生する場合があるので、そこは月初だからお得とは言い切れない場合もあるので、乗り換えの前に一度確認した方がいいでしょう。乗り換えのタイミングは慎重に!

速度について

楽天モバイルの通信回線は、0通信速度に関しては、ドコモの回線を利用しているのであれば、通信速度もつながりやすさも安心ですよね。ドコモのスマホと全く同じ回線が格安で利用出来るのは、楽天モバイルにも魅力を感じるのではないでしょうか。これから先、MVNOや格安スマホのサービスが今以上に広がり、益々期待できるモノとなっていくと思います。

楽天モバイルの3日間制限

キャリアもMVNOもそうですが、ユーザーが平等に使えるように、通信データを使いすぎるユーザーには、通信速度の制限を設けております。これは、三日前から今日までの通信利用したデータ容量から計算し、定められたデータ容量を超えた人に対して、速度制限がかけられます。直近で72時間、通信量が定められた値に達していなければ、その時点で解除されます。こちらからの手続きは特に不要です。特別に何かをしていない限り、一般的な使用をしていれば制限にかかる事がないと思います。各プランの規定容量 3.1GBプラン:540MB/3日 5GBプラン:1GB/3日 10GBプラン:1.7GB/3日

【開催中のキャンペーン情報】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)